山中慎介とネリに再戦の可能性?!


8月15日の15日のWBC世界バンタム級タイトルマッチで、ルイス・ネリ選手に敗れ防衛に失敗した山中慎介選手ですが、ネリ選手に薬物検査の陽性反応が出ていた事が分かりました。となるとノーコンテストで再戦の可能性が高まりますね!山中慎介選手とルイス・ネリ選手の再戦はあるのか、調べてみました!

スポンサードリンク


山中慎介はネリの薬物陽性反応により再戦の可能性?!

(出典:http://world-boxing.xyz)

山中慎介選手はネリ選手にTKOで敗れ、13度めの王座防衛に失敗した訳ですがここにきて、ネリ選手の薬物検査陽性反応が判明しました。そうなると、試合の結果もノーコンテストとなる可能性が高まり、山中慎介選手とネリ選手の再戦というシナリオが考えられます!

15日当日は試合はほぼ互角に進んで行きましたが、4ラウンドでネリ選手のパンチがまとめて山中慎介選手にヒットした事で、ネリ選手のTKO勝ちとなっていました。

スポンサードリンク


山中慎介を倒したネリの使用薬物とは?!

(出典:http://www.hochi.co.jp)

 再戦が期待される山中慎介選手とネリ選手ですが、ネリ選手の使用した薬物というのは、筋肉増強剤クレンブテロールに似た性質を持つジルパテロールです。クレンブテロールは、ボディビルダーの間ではよく知られていて ドーピング違反で検出されることも多く、しばしばニュースにも登場します。

本来のクレンブテロールを使用する目的は、気管支喘息や、腹圧性尿失禁などの為に使われます。 日本では「スピロペント」という商品名で、豚肉の赤身を増やすことが知られていて、ドーピング検査の対象薬でもあるんですね。

今回の防衛線は、山中慎介選手が勝てば元ライトフライ級王者の具志堅用高選手の持つ、13連続防衛の日本記録に37年ぶりに並ぶ重要な試合でした。そのような試合でネリ選手は、どうしても敗者となって不名誉な名前を刻まれることが嫌だったのでようか?

山中慎介とネリは再戦?!ネットの声は?!

山中慎介選手とネリ選手の再戦の可能性に、ネットの声はどのような反応でしょうか?

・山中慎介はドーピングによる無効試合で王座に復帰しても、複雑な気持ちでは?ネリは正々堂々試合をしてほしかった
・WBCは、口止め料を拒否した?
・無効試合だと、山中慎介は王者のまま?
・ドーピングの選手とあそこまで戦える山中選手は、やっぱり強い
・何か色々と後味が悪い

再戦が全てと言う訳ではなく、ネリ選手のファイトマネー没収や、山中選手の王座維持という意見もありますね!

スポンサードリンク


関連記事
ジルパテロールはボクシングの禁止薬物、副作用は?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL